婚活パーティーについて思う事

婚活のためのパーティーは、いろんなところで開催されています。
婚活パーティーへ参加する人は、本気で結婚したい人や、結婚したいけど、そこまで切羽詰まってない人や、婚活パーティーは
どんなものか知りたいという人とさまざまです。

婚活パーティーへ行けば、必ずいろんな人と話したり、出会えたりするので、まずは、知り合うチャンスの場です。
そこで、どれだけ自分をアピールできるかどうかによって、結婚のチャンスもめぐってきます。
婚活パーティーへ行くと、いろんな人と話すチャンスがあります。

でも書かれていますが、
そのとき、こちらの結婚の条件も話しておきたいのですが、相手も自分の結婚の条件を話してくると思います。
自分の結婚条件を先に話しておきたいとは思いますが、そこは、いったん相手の話を聞くといいと思います。
人の話を聞くことができる聞き上手な人は、好印象を与えます。相手が話してきそうにない場合は、こちらから、結婚の条件を
話すとスムーズに会話が成り立つので、相手に合わせて話すことは、とても大切なことです。

結婚願望が強くなるのです。

わたしは恋人ができて、その人とある程度の期間付き合うと、結婚願望がすごい強くなる。だからそれを弱めたいなって思う。
なんで結婚したくなるのかというと、結婚って、好きな人に必要とされている証拠になると思っているから。

でも、積極的になりたくない。交際も結婚も、そういう大事な区切りは相手に決めてもらいたいっていつも思っている。だから、今後もしプロポーズをしてもらえたときに、「わたしがあのとき、結婚願望がある態度をとったからだ」って思いたくないから、結婚願望はなるべく表に出さない。
でも、今のわたしは結婚に対しての考えが「だめな感じ」だと思う。

例えば、とっても美味しい炒飯を食べる終わる直前に、わたしはいつも「次のお楽しみ」のデザートのことを考えている。そういうふうに、「『交際』って願いが叶ったから、次は『結婚』がしたい。」って思っている。常に「お楽しみ」を欲しがっているし、ないものねだりでもあると思う。それに、最初に書いた「好きな人に必要とされている人」に自分がなれているのかは、交際期間をある程度経ると、結婚だけが証明してくれるって勘違いしている。でもそう、それが勘違いだって自分でもわかってはいる。
だから、そんなわたしから見たら、結婚を考えていない人は精神的に自立できていて、落ち着いていて輝いている。わたしも自立したいし輝きたい。それにいろんな意味で「落ち着きたい」から、結婚願望を弱めたい。

結婚に対する憧れと現実

結婚。誰もが1度は憧れ、考える人生の一大イベントの1つでもありますよね。
私も現に結婚し、子供も授かり今は家族3人で暮らしています。
しかしながら幸せだと思う一方で結婚当初は、全くの赤の他人との共同生活に
不快感を感じてしまったり些細なことで喧嘩やイライラしてしまったりと
結婚なんて思っていたものとは違うと心の中で思っていました。
しかし、月日が経つにつれて私は自分は自分、主人は主人で割り切るしかないんだ。
少しくらいの事は目をつぶろう。
そう思うようになりました。
きっかけはいつも些細なこと。
それを毎回繰り返すことに主人も私も疲れきっていました。
そして私は1年だけ頑張ってみよう。
この1年で同じ事を繰り返すのならもう離婚しようと心に決めました。
そしてその1年相手を思いやること、片目をつむる事で喧嘩はたった1回でしたね。
結婚は自分ひとりでは出来ません。
相手を思いやり、尊重し、時にはぶつかりそうやって自分達の家族を作っていくのだと思います。
悪いところは片目をつむり、良いところはしっかり両目で見てあげてくださいね。